心臓の病気を患った後の運動療法

sample心筋梗塞のリハビリテーションとして行う運動は、虚血性心疾患の危険因子を遠ざけることにもつながります。
運動は高血圧や糖尿病、肥満などの生活習慣病の改善に役立つことを知っておきましょう。
心臓の病気を患った後の運動療法では、どんな運動を選んでもOKなわけではありません。
心臓に負担がかかる運動は避ける必要があります。
おすすめは全身を使っての有酸素運動で、エアロビクスエクササイズが最適です。
ウォーキングも手軽にできるのでいいでしょう。
かつては、筋力トレーニングは負荷がかかりすぎるのでNGとされていました。
最近では、器具を用いた筋力トレーニングも有効と言われるようになってきました。
ただし、自己流で行うのは危険です。
メニューは医療スタッフに作成してもらいます。
どんな運動を行う場合も、始める前と終わった後には柔軟体操をすることが大事です。
準備運動もせずに始めると、身体に余計な負荷がかかるので注意しましょう。

sample

最新投稿

  • 心臓に負担をかける運動をしてはいけない

    心筋梗塞などで病院に搬送されても、亡くなる確率は昔に比べて格段に低くなりました。
    かつては、心…

    続きを読む...

  • 医療費の削減を簡単に行うことができます

    想像している以上に高くなってしまう医療費ですが、簡単に削減することができることを知っておきましょう。…

    続きを読む...

  • 医療費の削減を図ることは非常に重要です

    継続的に節約生活を送るためには、医療費の削減を図るようにすることが非常に重要です。
    それはどう…

    続きを読む...

  • 少人数制の医療専門学校に進学しましょう

    医療専門学校に通って専門の資格を取得したいと考えている方は、少人数制のレッスンを行なっているものに進…

    続きを読む...